エンタメ

平手友梨奈が芸能界に入ったきっかけは何?理由は自分を変えたかったって本当?

平手友梨奈が芸能界に入ったきっかけは何?理由は自分を変えたかったって本当?
Pocket

2021年4月25日(日)からスタートしたドラゴン桜2にバトミントンの全国レベル選手として岩崎楓役を平手友梨奈さんがキャスティングされたことで注目を浴び、ネット上で平手友梨奈さんのプライベートについて検索する方が多いようです。

特に平手友梨奈さんが芸能界に入ったきっかけは何だったの?入った理由は自分を変えたかったって本当なの?と男性ファンだけでなく女性ファンも気になっているようです。

この記事では今もなお大人気である平手友梨奈さんが、そもそも何で芸能界に入ろうと思ったのか、そのきっかけは何だったのか?入った理由は自分を変えたかったって本当なのか?について徹底調査し紹介します。

 

平手友梨奈が芸能界に入ったきっかけは何?

平手友梨奈さんが芸能界に入ったきっかけは何だったのか、ネットニュースやSNS等を調べた結果、中学2年生の頃にあったそうです。

平手友梨奈さんは元々大の人見知りで、コミュニケーションをとることが非常に苦手であり苦手意識が強かったそうで、クラスの友達とも馴染めず一層の事、誰も自分のことを知らない海外に行って留学しようかなと考えるほど人見知りである自分に苦しんでいたようです。

私も中学校の時はクラスに馴染めず、学生時代に最も辛かった時代だったので、平手友梨奈さんの気持ちは痛いほど分かります。

自分のことを誰も知らない地へ行って、今まで他人が思っている自分のイメージを全てリセットして新地一転頑張りたい!なんて思った時期が私にもありました。

海外で留学までは考えませんでしたが、経済的に厳しい選択だと幼いながら分かっていました私と違い、平手友梨奈さんは海外留学まで考えていたとなるとよっぽど馴染めなかったプラス実家がお金持ちなのかなと感じました。

平手友梨奈さんは当時の自分に対して、「きっと自分から話しかけておしゃべりすれば気の合う人と出会える、そんな人を見つけたいと思ってはいたし、最初の第一声は自分から話しかけなきゃって分かってはいたけど・・・(要約)」と語っています。

自分から人見知りを克服しようと頑張っていたようですが、なかなか克服はできなかったようです。

そんなある日、たまたま点けたテレビの歌番組で乃木坂46が「制服のマネキン」を歌っている映像からセンターを務める生駒里奈さんに目が留まり『なんて堂々とした表情で力強い眼力なんだ』と衝撃を受けたそうです。

このことをきっかけに、平手友梨奈さんは私もこうなりたい、自分を変えたいと思うようになり芸能界に入ることを決めたそうです。

そんな平手友梨奈さんは芸能界に入り、欅坂46に見事に合格しセンターポジションを務め、初主演映画「響-HIBIKI-」で好演、今ではドラゴン桜2に出演するほど女性にも非常に人気のある女優・歌手・モデル・ダンサーとして活躍しています。

中学2年生だった時の平手友梨奈さんに、今の変わった自分を見せてあげたいですよね。

ネット上の噂ですが、中学2年生だった時の平手友梨奈さんは人見知りが原因で、友達が少なかったのでは?とか実は不登校だったのでは?という書き込みがありました。

本当かどうか有力な情報は見つかりませんでしたが、人気者ほど有ること無いこと書かれるのがネットの世界ですので、あくまで噂ということにしたいと思います。

 

平手友梨奈が芸能界に入った理由は自分を変えたかったって本当?

平手友梨奈さんが芸能界に入った理由は、『自分を変えたかった』というのは本当です。

ネット上でよく間違われているのは、たまたま点けたテレビの歌番組で乃木坂46のセンターを務める生駒里奈さんから影響を受けて私もアイドルになろう!という理由です。

平手友梨奈さんはあくまで、人見知りだった自分を変えるきっかけとして芸能界に入っただけであり、アイドルになりたいから芸能界に入った訳ではありません。

自分を変えることに対して、私としては芸能界に入る以外にも手段と方法はあると思いますし、そっちの方を選びがちだと思いますが、平手友梨奈さんにっとって自分を変えることの大変さは芸能界に入る位大変なことであり、芸能界に入るぐらいでないと自分は変われないと思ったのかもしれませんね。

ここからは私の勝手な予想ですが、平手友梨奈さんが自分を変えたいと思った原因である大の人見知りについてですが、学校、クラスに馴染めなかったというより勉強を主とするクラスに馴染めなかったのでは?と推測します。

なぜなら、平手友梨奈さんは5歳から中1までバレエを習っていたり、ピアノやバスケットも習っていたそうです。

ピアノやバスケットを何年習っていたかは分かりませんでしたが、バレエを長年習っていたことから体を使うことに関して勉強より向いていたのではないかと思いました。

今回出演するドラゴン桜2でも、全国トップレベルのバドミントン選手役としてキャスティングされ、バドミントン初心者の平手友梨奈さんがバド元五輪8強の栗原文音さんから指導を受け、2か月間で女子には難しい「両足跳びのジャンプスマッシュ」に挑戦し成功を収めています。

週1回程度の練習から、平手友梨奈さんの希望で週3または週4で練習時間は2時間から3時間に延びたそうです。

そんな平手友梨奈さんの運動神経は抜群で、指導するバド元五輪8強の栗原文音さんさえできない「両足跳びのジャンプスマッシュ」ができるようになるまで成長します。

以上の点から、勉強面はわかりませんが運動神経の高さと運動に関してのコミュニケーション能力は幼少期から長けていたのでは?と感じました。

そこを活かして体を使う乃木坂46を受けて自分を変えようと思ったのではないでしょうか。

 

平手友梨奈の映画を無料で観るには?

見逃し配信バナー

今ならU-NEXTで平手友理奈の出演映画

  • 響-HIBIKI-
  • さんかく窓の外側は夜

を、31日間無料で観ることができます。

まずは登録して映画を観たら直ぐに解約することでお金もかからず安心です

もちろん、月額2,189円で継続して楽しむのもいいと思います(有料動画サービスで見放題作品数No1)

↓U-NEXTの登録はこちらです↓

U-NEXT

 

まとめ

欅坂脱退から今もなお大活躍中の平手友梨奈さん、芸能界に入ったきっかけは『人見知りの自分を変えたかった』からでした。

芸能界に入った理由を、ネット上でさまざま噂されていますが、本人が『人見知りの自分を変えたかった』と語っているので間違いありません。

平手友梨奈さんが芸能界に入ったきっかけを元に、人見知りの自分を見事に変えることができ、結果として大活躍、お茶の間の方々に元気を与えています。

ドラゴン桜2が放送されるたびに平手友梨奈さんについて検索され、芸能界に入ったきっかけを調べた方が「私も芸能界に入って自分を変えよう!」と思い行動し、第二の平手友梨奈さんが誕生する日が来るかもしれませんね。

平手友梨奈さんについて、新たな情報が入り次第追記したいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。