エンタメ

岡田健史は高校時代に甲子園に出場した?野球部時代の写真付きで紹介

岡田健史は高校時代に甲子園に出場した?野球部時代の写真付きで紹介
Pocket

NHKあさイチに岡田健史さんが出演した際、岡田健史の高校時代の写真がイケメンすぎるとツイッター上で話題になり#岡田健史、#野球好きと繋がりたい、#野球話題のハッシュタグが上位に来るほど注目を浴びています。

また岡田健史さんの野球部時代のイケメンぶりから話は広がり、「岡田健史さんって甲子園に出場したの?」と野球の腕前やポジションについても検索する方が多いようです。

この記事では、岡田健史さんは高校時代に甲子園に出場した経験があるのか?野球部時代は本当にイケメンだったのかを写真付きで紹介していきます!

 

岡田健史は高校時代に甲子園に出場した?

岡田健史さんは甲子園に出場していません。

通っていた長崎の名門・創成館高校は岡田健史さんが高校1年生のときに甲子園に初出場し、1回戦は天理高校に3-2で初勝利、2回戦は高崎健大高崎高校に8-3で敗戦しています。

この時のスタメンに岡田健史さん(本名:水上恒司)の名前はありませんでした。

岡田健史さんは捕手であるため、1年生からチームを引っ張るリーダー的なポジションである捕手でスタメン入りするのは難しかったのでは?と推測できます。

岡田健史さんが高校2年生の時、創成館高校は2016年・第98回全国高等学校野球選手権長崎大会で残念ながら準決勝敗退、甲子園出場はできませんでした。

高校最後の年、岡田健史さんは野球部の副主将として当時のことを『VOGUE GIRL with BOY FRIEND』のインタビューで以下のようにコメントしています。(要約)

私は野球の特待生として高校に入り、自分たちの代で甲子園に出場、結果を出すことが高校への恩返しだと思っていましたが、甲子園に行けず負い目を感じています。

岡田健史さんは2017年・第99回全国高等学校野球選手権長崎大会の3回戦で背番号12、捕手として先発出場しましたが、準々決勝で波佐見高等学校に5-4で敗れ、甲子園出場の夢は叶いませんでした。

野球部引退後は校長先生の推薦で演劇部に入り、俳優になるキッカケを歩むことになるのですが、岡田健史さんが通っていた名門・創成館高校はどんな学校なのでしょうか?

 

岡田健史が通っていた創成館高校はどんな学校?

偏差値 38~42
公式HP https://www.sohseikan.ac.jp/
住所 〒854-0063 長崎県諫早市貝津町621
電話番号 0957-25-1225

創成館高校は共学の私立高校です。

制服はベネトン(イタリアのブランド)を採用していて、可愛らしさとスタイリッシュさから人気が高いようです。

学科は普通科とデザイン科があり、普通科のみ更に分けられていて、大学進学を目指す「特別進学コース」、選択の幅が広い「普通コース」、様々な資格取得を目指す「ライセンスコース」があります。

そして野球部が甲子園に出場したり、第99回全国高校サッカー選手権大会長崎県大会で優勝し全国大会へ出場するなど部活動が盛んな高校です。

創成館高校は以前、カツアゲや万引きを繰り返すような不良生徒や不登校の生徒が多かったようで、近所に住む方は子供に「創成館高校の近くを歩くな」とさえ言われていた不良高校だったそうです。

しかし、現奥田校長が経営再建し、まずは生徒が着たいような制服を作ろう!と生徒と保護者に着てみたい制服を自由にデザインさせる「ユニフォームプロジェクト」を立ち上げ、そのままベネトンに作らせたことから、創成館高校の制服は可愛いと評判になり入学してくる生徒が増えたそうです。

また学園祭には生徒達が好みの有名アーティストを呼んだり、学力面向上のため教員への教育を改革したりと奥田校長の経営戦略は生徒の心を掴んだようです。

岡田健史さんを演劇部にスカウトした奥田校長は経営面でも人間を見る面でも素晴らしい方だと私は感じました。

「創業・守成」が校名の由来となっている創成館高校、私はこれからも活躍する生徒さんが沢山でてくることを期待しています。

 

岡田健史・野球部時代の写真を紹介

ツイッターでも岡田健史さんの野球部時代の写真が大人気のようです。

確かにイケメンであることは間違いないですね。

岡田健史さんは野球部時代に同級生のお母さん方から「イケメンキャッチャー」と呼ばれるほど大人の女性からも大人気だったようです。

そんなイケメンすぎる岡田健史さんは野球部時代に彼女はいたのでしょうか?

 

岡田健史・野球部時代に彼女はいた?

岡田健史さんは野球部時代・高校時代を含めて彼女がいた可能性は非常に高いです。

なぜなら、以下のような有力情報がありました。

  • 高校の野球部の監督からの情報では「凄くモテていた」と。
  • 部活中(野球)や試合中に大勢の女性が見に来ていた。
  • 見に来ていた女性から「キャッチャーミット外して~!」と叫ばれる。
  • 高校時代、年上の女性5人からアプローチされたモテモテエピソード
  • 卒業式では全てのボタンが無くなる。
  • 元カノが岡田健史さんに対してツイートしている(現在は削除)

以上の情報からかなりモテモテだったと分かります。

特に、元カノが岡田健史さんに対してツイートしている件については岡田健史さんが「中学聖日記」に出演のタイミングで元カノらしき方が以下のようにツイートしています。

元彼がドラマに出るみたい。相手役は有村架純って。

有村架純とキスするなんて・・・

このツイートで「元カノ」の存在が騒がれ、現在ではアカウントが削除されています。

一方で岡田健史さんは自身の恋愛観について以下のようにあるインタビューで話しています。(要約)

私は本当に告白されませんでしたが、告白はしていました。同じ高校の女子へも他校の女子へも。

自ら告白し彼女を作ろうと行動している点からも間違いなく彼女はいたと思います。

 

まとめ

岡田健史さんは高校時代に甲子園に出場していませんでしたが、2020年にコロナの影響で甲子園が中止になった際、甲子園への道が絶たれた全国の球児たちへメッセージを寄せるほど野球に対して熱心に取り組んでいたようです。

その姿がNHKあさイチで紹介され、野球部時代の写真がイケメンすぎると話題になった岡田健史さん、誰もが認めるイケメンでモテモテだった高校時代は彼女もいたようですね。

岡田健史さんが野球部時代の写真付きツイートが多数あるほど、女性はイケメンが大好きなんですね(笑)

現在ドラマ等で大活躍の岡田健史さん、今後も応援していきたいと思います。